住友不動産販売はやばい?評判は悪い?営業は最悪?口コミまとめ

住友不動産販売で不動産を売るメリット・注意点

この記事を書いた人
小島 優一
宅地建物取引士

宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランニング技能士。生命保険会社にてリテール業務に従事した後、2014年に不動産仲介会社であるグランドネクスト株式会社を設立。 2021年より幻冬舎ゴールドオンラインにて不動産を通じて財産を守る、増やす、残す記事を連載している。 >> 詳細はこちらから

この記事のまとめ
  1. 住友不動産販売の評判・口コミを紹介
  2. 住友不動産販売はやばい?口コミから検証
  3. 住友不動産販売のメリット・デメリットを解説

まとまったお金を一度に手にしたい、環境の変化がきっかけになったなど、さまざまな理由で不動産物件を売却したいと考える方が多くなっています。

浜崎編集長

今回は、住友不動産販売での不動産売却について詳しく解説し、紹介していきます。

住友不動産販売という会社の特徴をはじめ、実際に利用した方の口コミや仲介手数料について、また住友不動産販売で売却をするメリットや注意点についても併せてご紹介します。

住友不動産という名称は耳にしたことはあっても、実際にどのような不動産売却をしているかは詳しくわからないという方は、ぜひこの記事の内容を参考にしてください。

やばいやひどいという話は本当なのか、実際に体験した人の評判を紹介していきます。

住友不動産販売はやばい?評判(悪い口コミ)

住友不動産販売の悪い評判・口コミ

それでは、実際に住友不動産販売を利用した方から届いた評判や口コミをいくつかご紹介します。

住友不動産販売の評判や口コミはツイッターや口コミサイト、2chのような掲示板などに書き込みがありますがやばいと感じるようなものはありませんでした。

住友不動産販売の悪い評判・口コミ
  1. チラシが連日入ってきた(現在は廃止)
  2. 同じ営業所内で情報が共有されておらずやばい?
  3. 契約後1ヶ月経っても進展がない
  4. 専任にしたら状況報告が来なくなった

チラシが連日入ってきた(現在は廃止)

当時はチラシが多かったのかもしれませんが、現在、住友不動産販売は郵送によるダイレクトメールを中止しているようです。

参考:すみふの仲介ステップ

浜崎編集長

SDGsへの取り組みの一環として実施したとのこと。この取り組みが他社でも広がるといいですね。

同じ営業所内で情報が共有されておらずやばい?

検討中の物件のやりとりをしていたところ、同じ営業所の別の営業担当から営業のメールが来たそうです。

情報共有のタイミングがずれてしまっただけのように思うので、やばい事例ではないでしょう。

契約後1ヶ月経っても進展がない

マンション売却専任契約をして、もうすぐ1か月になりますが、なんの進展もありません。
契約取るまでは、上手いこと並べて、いざ、契約後は、テンション低いし、あきらかに、契約欲しさ。
買い手を見つける努力も、誠意も、微塵も感じません。こちらも、世間知らずでしたが、後悔しています。

引用:e戸建て

専任にしたら状況報告が来なくなった

うちも専任にしたとたん、マメだった状況の報告が来なくなり、本当に真剣に動いてらっしゃるのか謎です。専任にしなきゃ良かったと後悔しています

引用:e戸建て

契約前と契約後で対応に差があったと感じているようです。

あくまでも掲示板に投稿された口コミの1つなので、真相は定かではありません。

契約前は手続き等でまめなやり取りがあるかと思いますが、契約後にその頻度が減るのは致し方ないことかもしれません。

住友不動産販売の評判(良い口コミ)

住友不動産販売の良い評判・口コミ

住友不動産販売の良い評判・口コミ
  1. 希望価格で売却できた
  2. 営業者の対応が良かった
  3. 安心して任せられる

希望価格で売却できた

昨年年末に住友不動産販売さんにマンションの売却をお願いしたところ、恐ろしい速さで売れました。他の大手を含む不動産販売会社4社とも面談しその中で提示された最も高い価格で住友さんに依頼しました。当初難しいと言われていた上限価格なのにほぼ言い値で売れました。本気になって頂いた住友のご担当者さんに感謝です。

引用:e戸建て

営業者の対応が良かった

私が千葉でマンションを購入した営業さんは、いい意味でざっくばらんでとても対応がよかったです。グイグイ営業してくるというより、会社の方針で仕方なく言いますけど、ここは自分もいらないと思います、などとぶっちゃけてくれました。
きれいごとで埋めるより、デメリットも話してくれる営業の方がよいですよね。

引用:e戸建て

安心して任せられる

売却に関する対応への満足だけでなく、担当者それぞれに感謝しているという意見が目立っていました。

住友不動産販売とは住友不動産販売の公式サイト

商号住友不動産販売株式会社(Sumitomo Real Estate Sales Co., Ltd.)
本店所在地東京都新宿区西新宿二丁目6番1号
設立1975年3月1日
代表者竹村 信昭
決算期3月31日
資本金2,970百万円(2022年4月1日現在)
従業員数3,396名(2022年3月31日現在)
公式サイト住友不動産販売公式

まずはじめに、住友不動産販売の特徴について解説していきます。住友不動産販売は、東京都新宿区に本社を構える「住友不動産株式会社」の運営による、住まいに関するさまざまなサポートを提案する大手サービスです。今回紹介する不動産売却はもちろんのこと、物件購入や賃貸物件の貸し出し、土地探しなど、非常に幅広い範囲でのサービスを提供しています。

浜崎編集長

不動産投資など、ビジネスに関わるサービスも提供していることから、不動産を「商材」として捉えている方にとってもメリットのあるサービスと言えるでしょう。

売却金額の相場であったり、購入希望者の条件だったりといった内容を、条件を絞って検索可能できるのも特徴です。早期売却に効果的な「ステップオークション」の導入など、大手ならではの豊富な売却体制が整っています。

住友不動産販売の仲介実績は?

公益社団法人不動産流通推進センターが発表している、2022年の不動産仲介の取扱高・仲介件数などは以下の通りです。

こちらのランキングは取扱高を基準にした順位となっています。

順位/企業名取扱高 (億円)前年比(%)仲介件数 (件)手数料収入 (億円)店舗数各社の評判
1位/三井のリハウス1兆8,926億円21.041,183901291三井のリハウス
2位/東急リバブル1兆5,779億円28.628,750715199東急リバブル
3位/住友不動産販売1兆4,533億円17.138,144713237住友不動産販売
4位/野村不動産9,6498.010,08139894野村の仲介+
5位/センチュリー216,400-0.326,629306991センチュリー21
6位/三井住友トラスト不動産5,50433.48,22622971三井住友トラスト不動産
7位/三菱UFJ不動産販売4,50227.34,65219035三菱UFJ不動産販売
8位/みずほ不動産販売4,28615.93,97817849みずほ不動産販売
9位/オープンハウス3,62423.68,26815162オープンハウス
10位/積水ハウス2,87922.77,973127115積水ハウス
11位/三菱地所リアルエステートサービス2,7395.21,118909
12位/東宝ハウス2,2705.96,21710919東宝ハウス
13位/イエステーション2,020-0.77,47261164イエステーション
14位/住友林業ホームサービス1,81419.64,7337946住友林業ホームサービス
15位/東京建物不動産販売1,73629.71,1394813東京建物不動産販売
16位/大成有楽不動産販売1,69418.44,0947136大成有楽不動産販売
17位/大京穴吹不動産1,6765.85,3137774大京穴吹不動産
18位/大和ハウス1,660-2.34,29073117大和ハウス
19位/福屋不動産1,4021.97,9516995福屋不動産販売
20位/中央日本土地建物1,31244.6321387
21位/近鉄不動産1,1669.04,4466346近鉄不動産
22位/スターツ1,165-1.92,20451104スターツ
23位/三菱地所ハウスネット1,06226.31,9484836三菱地所ハウスネット
24位/伊藤忠ハウジング924-6.81,905262
25位/リストサザビーズ85836.31,4044010
26位/長谷工リアルエステート8425.82,1113741長谷工の仲介
27位/ポラス71626.82,8453462ポラス
28位/小田急不動産54431.61,3372416小田急不動産
29位/ナイス44712.71,1871615ナイス
30位/メルディアリアルティ38418.8832198
31位/阪急阪神不動産36043.17661313阪急阪神不動産
32位/京王不動産31335.47431412京王不動産
33位/相鉄不動産販売31135.4631138
34位/REDS30721.962876
35位/朝日住宅2734.7892129朝日住宅
36位/京急不動産18337.6466810京急不動産

出典:公益社団法人不動産流通推進センター「2022年不動産業統計集(9月期改訂)」

住友不動産販売の実績は、仲介の取扱高において3位と上位を獲得しています。

2位の東急リバブルと接戦で毎年2位、3位を争っています。

浜崎編集長

価格の妥当性・信頼性も高く、営業マンも頑張ってくれる傾向なので、希望条件に合った買主を選択できることが可能です。

住友不動産販売の顧客満足度は?

ここからはオリコンが実施した仲介会社の顧客満足度ランキングを購入編と売却編に分けてご紹介します。

【購入編】不動産仲介会社顧客満足度ランキング

戸建てマンション
順位企業名各社の評判順位企業名各社の評判
1位 74.3点三井のリハウス三井のリハウス1位 75.3点三井のリハウス三井のリハウス
2位 71.8点東急リバブル東急リバブル2位 75.2点三菱地所ハウスネット三菱地所ハウスネット
3位 71.3点住友不動産販売住友不動産販売3位 74.7点住友林業ホームサービス住友林業ホームサービス
4位 70.8点積水ハウス不動産グループ積水ハウス不動産グループ 4位  74.3点東急リバブル東急リバブル
5位 69.4点センチュリー21センチュリー215位 74.1点近鉄の仲介
6位 68.7点福屋不動産販売福屋不動産販売6位 73.9点積水ハウス不動産グループ積水ハウス不動産グループ
7位 67.0点ハウスドゥハウスドゥ7位 73.5点大成有楽不動産販売大成有楽不動産販売
8位 72.6点野村の仲介+野村の仲介+
9位 72.2点大京穴吹不動産大京穴吹不動産
10位 71.9点三井住友トラスト不動産三井住友トラスト不動産

出典:おすすめの不動産仲介 購入のランキング・比較

住友不動産販売の売却部門の顧客満足度は戸建てでは3位を獲得しています。マンションでは上記の表には記載されておりませんが11位71.5点でした。

戸建てとマンションのランキングに差はあるものの満足度は同等でした。

事務員

【売却編】不動産仲介会社顧客満足度ランキング

戸建てマンション土地
順位企業名各社の評判順位企業名各社の評判順位企業名各社の評判
1位 77.2点住友林業ホームサービス住友林業ホームサービス1位 80.4点住友林業ホームサービス住友林業ホームサービス1位 76.3点積水ハウス不動産グループ
2位 76.7点野村の仲介+野村の仲介+2位 79.3点近鉄の仲介2位 75.3点三井のリハウス三井のリハウス
3位 75.9点東急リバブル東急リバブル3位 77.7点野村の仲介+野村の仲介+3位 74.8点東急リバブル東急リバブル
4位 75.3点三井のリハウス三井のリハウス4位 77.4点東急リバブル東急リバブル4位 73.2点センチュリー21センチュリー21
5位 75.2点積水ハウス不動産グループ積水ハウス不動産グループ4位 77.4点三井のリハウス三井のリハウス5位 73.1点三井住友トラスト不動産
6位 75.0点三井住友トラスト不動産三井住友トラスト不動産4位 77.4点三菱地所ハウスネット三菱地所ハウスネット6位 72.7点住友不動産販売住友不動産販売
7位 74.8点近鉄の仲介7位 77.2点大成有楽不動産販売大成有楽不動産販売7位 71.3点ハウスドゥハウスドゥ
8位 73.9点住友不動産販売住友不動産販売8位 76.8点積水ハウス不動産グループ
9位 73.0点センチュリー21センチュリー219位 76.6点三井住友トラスト不動産
10位 72.6点ハウスドゥハウスドゥ10位 76.3点住友不動産販売住友不動産販売

出典:おすすめの不動産仲介 売却のランキング・比較

売却部門の顧客満足度は戸建て部門で8位、マンション部門で10位、土地部門で6位と上位にランクインしています。

満足度もどの部門も大きく変わらずどの部門でも安心してお任せできることが数字から分かります。

事務員

住友不動産が不動産売買で入札制度を導入!キックバックの悪習がなくなる?

住友不動産では新たに「ステップオークション」という仕組みを導入しました。

不動産を売却したい顧客に対して、オークション形式で物件を買い取ってくれる業者を紹介するという制度です。

売主にとっては通常の売却よりも早期での売却、現金化が早く確実になるため一定数の売主が利用しています。

この制度は従業員のキックバック対策として導入されたという声もあります。

実際にどの程度の影響があるかは定かではありませんが、これを期に一般の不動産所有者の利益に繋がることとなり新制度には歓迎の声が多いそうです。

元トップ営業マンが本を出している?

住友不動産販売で新人1位を取った元トップ営業マンの不動産芸人が2023年6月に本を出版して話題になっています。

不動産トップ営業マンならではの視点から知って得する不動産情報が満載となっている本です。

ご興味のある方は是非一度検索してみるのも良いでしょう、

参考:PRTIMES

住友不動産はやばい?過去に不祥事があった?大量退職している?

住友不動産で過去に不祥事があった?大量退職している?

住友不動産販売をGoogleやその他の検索サイトで検索すると「不祥事」「大量退職」という関連キーワードが上がってきます。

2019年に経営陣が刷新された住友不動産ですが、その1年後の2020年4月頃から2021年9月頃までで約300件を超える社内処分がありました。

旧経営陣時代では処分されなかったような小さなミスでも処分の対象になり、会社の社内処分の方針が変わったのではないかと話題になりました。

事前に許可を取らずにPCR検査を受けて処分されたという話もあります

事務員

経営陣は厳しい処分を課する事で社員の引き締めや不祥事の抑制を図っていると思われますが、現役社員からは自分もいつ処分されるかわからないと居心地の悪さを感じてしまう可能性も高いです。

そういった経緯でこのままでは大量退職が起こるのではないか?住友不動産販売の不祥事の基準とは何なのかを検索する人が多いのだと思われます。

MEMO

実際に住友不動産で不祥事や大量退職があったわけではなく、こういった経緯があって意識して検索する人が増えたのだと思われます。

参考:デイリー新調

住友不動産販売の仲介手数料・値引き・割引

住友不動産販売の仲介手数料・値引き・割引

続けて、住友不動産販売で家を売却した場合に発生する仲介手数料についてご紹介します。

住友不動産販売の仲介手数料

一般的に、不動産売却に発生する仲介手数料には明確な金額がされていないことがほとんどです。これは、そもそも仲介手数料という仕組み自体に、法律で定められた上限金額が設定されているためであると考えられます。

住友不動産販売の場合もこの例に漏れず、物件の売却金額に応じて、上限の金額が適応されることが通常の取り引きになるでしょう。また、仲介手数料のほかに、取り引き成立後に別途費用が発生する可能性があることもあります。

MEMO

売却金額が高いほど、それに応じて仲介手数料も上がる傾向にあるため、とにかく利益率を優先したい場合は、事前に交渉や相談をするのがおススメです。

仲介手数料の値引きや割引はある?

住友不動産販売では基本的に、仲介手数料の値引きや割引サービスは提供していません。不動産売却をする方は、高額な仲介手数料を少しでも安くしたいと、値引き交渉や割引の適用を希望する方がほとんどです。

浜崎編集長

もちろん交渉自体が違反行為になるということはないため、ダメ元で相談してみる価値はあるかもしれません。

一般的なサービスと同様に値引きが効かない住友不動産販売ですが、場合によっては割引の対象になります。対象になるのは、新築物件を中心に取り扱う関連会社の「住友不動産」が提供している分譲マンションや注文住宅、住友不動産がサービスを管理している物件です。

この場合、売却成約時に発生する仲介手数料が10%値引きされるという内容でした。現在開催されているという情報は公式サイトに記載がないため、問い合わせが必要になります。あくまで参考程度にご覧ください。

注意

このパターンは売却物件が住友不動産のものでないと対象にならないため、利用できることが少ないのがデメリットです。そういった場合は、不動産手数料の割引がサービスに含まれている「みんなの優待」などを利用しましょう。

住友不動産販売で不動産売却をするメリット

住友不動産販売で不動産売却をするメリット

ここまで紹介した特徴や口コミ、仲介手数料についての内容を踏まえたうえで、住友不動産販売で家を売るメリットをご紹介します。

住友不動産販売を利用するメリット
  • 売却保証サービスがある
  • 全国展開されているので地方の方でも安心できる
  • マンツーマンでの営業体制で相談がしやすい
  • 売却の過程で受けられるサービスが充実している

売却保証サービスがある

住友不動産販売で導入されている売却保証サービスとは、売りに出した不動産物件が一定期間買主が見つからなくても、不動産会社が買取を行うサービスです。これにより、いつまでも売れずにいるといった状況にならず、ある程度まとまった金額が入ってきます。最初の段階で売却保証サービスの契約も行うため、どんな形であれ「売れること」が前提になるのもメリットです。

浜崎編集長

しかし、一般的な仲介売買と比較して、買取金額は多少下がってしまうことも想定しておきましょう。売却保証サービスは、物件を売却に出してから3ヶ月間買い取りがなかった場合に実施されます。

住友不動産販売の場合、初期段階での売却価格は査定価格の約115%です。その後2〜3ヶ月目には105%になり、売却保証適用時の価格は査定額の約90%です。

MEMO

最初と比較して約20%も下がってしまうため、より高く売りたい場合には、初期段階で売れる施策を不動産会社と相談しましょう。売却保証サービスにはデメリットもありますが、確実に購入にまで至るということで、その後の生活の見通しが立てやすいという点は大きなメリットです。

店舗が全国展開されているので地方の方でも安心できる

住友不動産販売は、全国に支店を展開する大手不動産会社です。

全国に約270店舗もの直営店があるんですね!

事務員

浜崎編集長

いわゆる地域密着型の不動産サービスだと、対応の内容が良くてもエリアが縛りになって利用できない、ということが発生してしまいます。全国展開の住友不動産販売であれば、ほとんどの地域で対応可能なため、安心して利用できるでしょう。

また、全国各地に展開をするということは、店舗ごとにサービスの偏りがないことの証明にもなります。全国展開をするには、運営体制や提供するサービス内容の統一など、それなりの用意が必要です。一般的なフランチャイズのサービスに比べて、大元なる会社直営であるがゆえに安定している点も、住友不動産販売を利用するメリットです。

マンツーマンでの営業体制で相談がしやすい

住友不動産販売は、家を売りたい方の相談にマンツーマンで対応しています。取引の開始から売却完了まで、すべての行程を担当者と1対1で行えるため、安定したサービスを受けられることがメリットです。契約開始から引き渡しまではもちろん、アフターフォローに関する相談なども、同じ担当者に相談ができます。

MEMO

たくさんの人と関わりながら売却をするのに疲れてしまうといったことを回避できるメリットもあります。不動産売却において、不動産売却に関連するステップを、分業して対応するのが一般的ですが、それらを1人が引き受ける体制を整えて実施することで、よりお客様の気持ちに寄り添ったサービスが提供できます。

売却の過程で受けられるサービスが充実している

住友不動産販売では、売却を依頼中にもいくつかのサービスが受けられます。

浜崎編集長

例えば、相続税や買い替え物件の購入費を立て替えたり、測量や土地・建物の調査をしたりと、金銭面やより購買につながるポイントへの配慮があります。

ほかにも、マンションであれば掃除をしたり、草刈りをしたりと、より綺麗な物件にするサービスも可能です。

これに付随し、中古物件をまるで新築のように綺麗にし、より「買いたい!」と思わせられる物件にする「ホームステージング」も注目されています。ホームステージングには、お客様層やエリアごとの特徴に適した物件へコーディネートすることで、売りたい物件の人気を向上させる効果があります。

MEMO

先ほども紹介した売却保証や瑕疵保証など、不動産売却をより有利にするサービスが充実しているという点は、大手である住友不動産販売のメリットです。

住友不動産販売の営業は最悪?不動産売却の注意点

住友不動産販売で不動産売却をする注意点

不動産売却を検討するうえで重要なメリットが豊富な反面、デメリットとも捉えられるポイントもいくつか存在します。

後々に最悪だったと思わないために、住友不動産販売で家を売ることに関する注意点を3つご紹介します。

住友不動産販売を利用する注意点
  • 仲介手数料の値引きがしづらい
  • 担当者が最悪?当たり外れがある?
  • マンションの売買事例が少ない

仲介手数料の値引きがしづらい

仲介手数料の項目でも触れたように、大手ならではのしっかりとした金額設定などが行われていることにも付随し、仲介手数料の値引きがしづらくなっています。場合によっては割引サービスを受けられるものの、一般的には上限の金額がそのまま仲介手数料になると思っていた方が良いでしょう。

注意

売却完了までの時期よりもとにかく高く売りたい、と考えている場合は、仲介手数料が無料になる不動産サービスを利用した方が良いかもしれません。

ただし、その分サービスが充実しているのが三井のリハウスの強みでもあります。

担当者がきつい?当たり外れがある?

口コミにも挙がっていたように、最悪とまでは言わずとも対応がよくない担当者に当たってしまう可能性があります。

住友不動産販売に限ったことではありませんが、担当者が自慢げだったり、押しが強かったりと、合わないと感じてしまうこともありえます。

浜崎編集長

住友不動産販売のメリットでもあるマンツーマンでの営業体制ですが、万が一「外れ」の担当者になってしまった場合、その方と最後まで売却を進めていかなくてはなりません。

一般的に担当者を指名することはできないため、売却を依頼する際は、担当者に関してこんな不安がある、とあらかじめ伝えておくことをおススメします。

マンションの売買事例が少ない

住友不動産販売では、マンションの売却も対応可能です。しかし、肝心の売買事例が少ないため、比較対象になる情報が不足しがちです。エリア外の事例であったり、事例そのものが古かったりと、事前に把握しておきたい査定の相場に必要な情報が少ないというのは、大きなデメリットと言えます。

MEMO

もし最初からある程度の理想とする売却金額があるのであれば、その金額について住友不動産販売に相談するか、近い金額の見積もりが出せる不動産サービスへ依頼しましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  1. 住友不動産販売の評判・口コミを紹介
  2. 住友不動産販売はやばい?口コミから検証
  3. 住友不動産販売のメリット・デメリットを解説

今回は、不動産売却はもちろん、物件の購入や賃貸物件の取り扱いなど、住まいに関するさまざまな理想を叶える住友不動産販売について紹介しました。数多くの不動産サービスが展開されている中、今回紹介した内容をきっかけに住友不動産を利用したいと検討する方もいるかもしれません。

今回の記事では、住友不動産販売の特徴や仲介手数料、売却のメリットや注意点について、住友不動産販売を実際に利用した方からの口コミも併せて解説しています。不動産売却を検討している方はもちろん、複数社の候補から実際に売却を依頼する方にとって、今回紹介した内容が少しでもお役に立てば幸いです。