野村の仲介+の評判・口コミは?悪評も多い?不動産売却・査定のメリット・デメリットや仲介手数料について解説

この記事のざっくりとしたポイント

  1. 野村の仲介+はお客様の期待に対し、常にプラスで応えることを謳っている会社
  2. インターネットでの集客に力を入れている
  3. 良い評判ばかりで口コミ情報が少ない

今回皆さんに紹介するのは、東京都新宿区に本社を構える、野村ソリューションズ株式会社が運営する「野村の仲介+」が提案する不動産売却です。

浜崎編集長

すべてのサービスに感動や信頼をプラスすることを掲げた野村の仲介+では、どのような不動産売却が提案されているのでしょうか。

今回この記事では、野村の仲介+で実際に家を売る流れや評判・口コミなどの情報をはじめ、仲介手数料や売却に関するメリット、注意点など、皆さんが気になるであろうポイントについて詳しくご紹介します。野村の仲介+という不動産会社を詳しく知りたいという方はもちろん、不動産売却を依頼する会社をなかなか決められないという方も、今回紹介する内容を参考にしてください。

野村の仲介+とは

野村の仲介+のWEBサイトの画像

商号 野村不動産ソリューションズ株式会社(Nomura Real Estate Solutions Co., Ltd.)
設立 2000年11月6日(2001年4月1日営業開始)
資本金 10億円
株主 野村不動産ホールディングス株式会社(100%)
代表者 代表取締役社長 前田 研一(まえだ けんいち)
従業員数 1,779名(2021年4月1日現在)
事業内容 個人向け不動産仲介事業・法人向け不動産仲介事業・新築受託販売事業・
保険代理店事業・不動産情報サイト運営事業
本社所在地 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル

引用:野村の仲介

お客様の期待に対し、常にプラスで応えることを謳っている野村の仲介+では、今回ピックアップする不動産売買はもちろん、物件の購入にも対応しています。ほかにも、買い替えや相続のサポート、シニア住み替えといったさまざまな点でのサービスを展開していることから、社名に相応しいプラスアルファの満足を意識した不動産会社であることがわかります。

では、そんな野村の仲介+では、どのような流れで不動産売却が進んでいくのでしょうか。

事務員

以下では、野村の仲介+で家を売る際の流れについて解説します。

野村の仲介+で家を売る流れ

野村の仲介+では、以下の流れで不動産売却が進んでいきます。

手順1
ローンの残高や売却にかかる費用などを含めて売却に関する相談をする
 
手順2
権利関係や物件の状態などを確認・調査し、査定金額を算出する
 
手順3
査定額をベースに似たような物件の売却情報などを加味し、売却金額を掲示する
 
手順4
売却金額に納得すれば媒介契約を締結する
 
手順5
ウェブ媒体への掲載やオープンハウスの活用などを通じた販売活動を行う
 
手順6
購入を希望する方と売主双方が納得したうえで、売買契約を締結する
手順7
売主がローン残高の決済や抵当権の抹消などを行い、引き渡しの準備をする
手順8
買主から残代金を受領し、引き渡しを行い完了
 

野村の仲介+が運営する不動産売却サイト「nomu.com」では、上述した売却の流れがさらに詳しく掲載されています。今回の記事に触れて野村の仲介+に興味を持った方は、ぜひそちらもご覧ください。

​​野村の仲介+の評判・口コミ

では続けて、野村の仲介を実際に利用した方から寄せられた評判や口コミなどをいくつかご紹介します。野村の仲介で家を売る際の事前情報として、ぜひご活用ください。

野村の仲介に関する評判や口コミは、総じて良いものが多く、特に担当者の対応に関連する満足の声が多く挙がっていることがわかります。悪評と呼べるものは特に見受けられなかったため、野村の仲介+が提供する不動産売却が優れた内容のものであると言えるでしょう。

野村の仲介+の仲介手数料・値引き・割引

不動産売却をするうえで売主の方を悩ませることの代表といえば、高額な仲介手数料です。売却金額に比例して高額になる仲介手数料は、少しでも費用を抑えて売却したい方にとってはリスクに他なりません。

そこで気になるのは、野村の仲介+では仲介手数料がいくらで値引きできるのかどうか、ということでしょう。ここでは、野村の仲介+の仲介手数料について詳しく解説しましょう。

野村の仲介+の仲介手数料はいくら?

ほとんどの不動産会社では、仲介手数料を算出する式が決まっており、野村の仲介+も例外ではありません。野村の仲介+で掲示されている仲介手数料の算出式は以下の通りです。

仲介手数料の計算式

  • 売却金額が200万円以下→物件の売却金額×5%
  • 売却金額が200〜400万円以下→物件の売却金額×4%+20,000円+税
  • 売却金額が400万円以上→物件の売却金額×3%+60,000円+税

こちらの数式は野村の仲介+のみで掲示されているものではなく、一般的な不動産売却に活用される共通のものです。この式で算出された金額を「上限金額」として請求されるのが、仲介手数料の仕組みです。

野村の仲介+の仲介手数料は値引き・割引はできる?

一般的な仲介手数料は、先ほどの式で算出された上限金額がそのまま請求されますが、野村の仲介+では一定の条件を満たせばこの金額が割引対象になります。条件として、野村の仲介+を運営する野村不動産グループのカスタマークラブ会員になっている必要があります。

浜崎編集長

会員になるという条件さえ満たせば、一般売却の場合で10%、専任・専属専任売却の場合で18%もの金額が割引きになるため、非常にお得です。

なお、カスタマークラブに未加入の場合は、一般売却の場合が10%、専任・専属専任売却の場合が15%が値引き金額となります。仲介手数料の値引きや割引について調べてみると、ほとんどの不動産会社ではそういった内容のサービスは行われていません。そのため、担当者と直接やりとりをする値引き交渉以外に、仲介手数料をお得にする手段がありません。

MEMO
対して野村の仲介+では、多くの不動産会社が触れていない割引サービスに着目することで、お客様の満足感にプラスアルファすることを現実にします。売却にかかる費用をとにかく安く済ませたい!という方は、他社ではなかなか触れられない仲介手数料の割引特典の付与される、野村の仲介+の利用がおススメです。

野村の仲介+で不動産売却をするメリット

 

ここまでの内容を踏まえたうえで、野村の仲介+で家を売ることのメリットをご紹介します。今回は、主な5つをピックアップしましょう。

売却サポートが充実している

野村の仲介+では、戸建て・マンション・土地それぞれに、以下に挙げる豊富な売却サポートが備わっています。

戸建て ・建物・設備の不具合に関する補修

・ホームステージング

・ハウスクリーニング

・ホームクリーンアップ

・売却期間中の荷物預かり

・土地の測量

マンション ・設備の不具合に関する補修

・ホームステージング

・ハウスクリーニング

・ホームクリーンアップ

・売却期間中の荷物預かり

土地 ・測量

・埋没物の撤去

・土地のステージング

売却対象となる不動産の種類に応じたサポートを提案していることからも、いかに野村の仲介+がお客様の満足感に向き合っているかがわかります。

営業担当のサポート体制が整っている

野村の仲介+の営業担当は、単なる売却のサポート以外にも、ローンや税金、住み替えや権利関係の悩みといった、さまざまな角度で売主の不安に寄り添っています。売主が物件を売却するのにどのような背景があったのか、という視点を持ちながら、悩みを解消するために解決策を提案するのが、野村の仲介+の営業担当です。

MEMO
真摯に向き合う姿勢が評価され、お客様の総合満足度が93.3%、営業担当に関する満足度は94.5%と、非常に高い評価を得ています。担当者の対応に関する不満が多い不動産業界において、当たり前とも言えるお客様対応にここまで力を入れている不動産会社は少ないです。

豊富なノウハウや情報を駆使したネットワークが備わっている

野村の仲介+は、不動産に強い野村不動産グループのノウハウやネットワークを引き継ぎ、非常に品質の高いサービスやコンサルティングを提供していることでも知られています。

浜崎編集長

社内でのネットワークはもちろん、大手金融機関や提携する不動産会社など、外部との連携もしっかり取れることから、高品質なサービスを提供可能です。

加えて先程紹介した優れた営業担当の対応により、売主の方を不安にさせない体制が備わっていることがわかります。

インターネットでの集客に力を入れている

野村の仲介+はインターネットでの集客に注視していることでも知られており、先程紹介した「nomu.com」がその代表です。物件情報をnomu.comに提携することで、より多くの購入希望者へアプローチできます。

MEMO
nomu.comを経由した問い合わせで契約にまで至るケースが全体の50%を占めていることから、情報量や訪問者数といった観点もしっかり備わっていることがわかります。

販売チャネルが豊富に備わっている

上述したnomu.comに加え、売主による物件のアピールポイントを公開する「オーナーレポート」や、VRによるホームステージングなど、購入につなげるためにさまざまな手法を展開しているのも野村の仲介+の特徴です。これらのほかにも、売却物件へのアクセスを確認できる「アクセスレポート」や、Web上で物件の中を歩き回れる「3Dウォークスルー」などが実装されています。

浜崎編集長

また、スーモやアットホームといった大手のポータルサイトとも提携しているため、仲介業者を探している方が野村の仲介+に辿り着く可能性も高いです。

野村の仲介+の不動産売却は購入希望者となり得る方へのアプローチに余念がないことがわかります。

事務員

野村の仲介+で不動産売却をする注意点

売却に関する豊富なメリットが特徴の野村の仲介+ですが、リスクとも言える注意点もいくつか存在します。ここでは、野村の仲介+で家を売る際に押さえておきたい2つの注意点をご紹介します。

良い評判ばかりで口コミ情報が少ない

さまざまな角度で売主・買主双方のニーズに応えていることから、満足の声が非常に多く届いているのが野村の仲介+のメリットです。しかし、いわゆる悪評というものがほぼ見受けられないため、事前情報として不動産会社の悪い側面も知っておきたいという方は、情報量という点でリスクに感じてしまうでしょう。

対応エリアが狭い

野村の仲介+は首都圏を中心に、関西圏や名古屋県に店舗を構える不動産会社です。そのため、それ以外の土地に関しては対応が難しい可能性があります。

浜崎編集長

全く対応していないという記載があるわけではないため、事前に問い合わせる必要がありますが、公式サイトにご自身の居住エリアが入っていないと不安になってしまうのも事実です。

もし野村の仲介+を利用したいと考えている方で、エリア外にお住まいの方は、利用を検討する前に一度問い合わせをしたうえで話を進めていきましょう。野村の仲介+が対象外でももしかしたら、豊富なネットワークを活かして提携する不動産会社などを紹介してくれるかもしれません。

まとめ

今回は、お客様の満足にプラスアルファの観点を付加することにこだわった、野村の仲介+が提案する不動産売却について紹介しました。一般的な不動産会社とは異なり、仲介手数料の優待サービスがあるということが大きなメリットであり、差別化につながる強みです。

ほかにも、豊富な売却サポートやネットワーク、販売チャネルなど、売却に関するさまざまな視点に十分なサービスを備えています。営業担当が売却に関する悩みに寄り添ってくれるのも特徴です。今回の内容をきっかけに、野村の仲介+で不動産売却を依頼したいと感じていただければ幸いです。