ディテールホームの評判・口コミって実際どう?50人の本音とメリット・注意点について

この記事のざっくりとしたポイント

  1. ディテールホームは個性をデザインに反映させた家づくりのハウスメーカー
  2. 坪単価が30〜40万円と比較的安い
  3. 悪い評判が目立つのでしっかりと確認が必要

今回紹介するハウスメーカーは、新潟県での家づくりを展開している「ディテールホーム」です。

浜崎編集長

坂井建設株式会社が展開する注文住宅サービスであり、同社の本社所在地である長岡市をはじめ、中央区・三条市・上越市・日吉町など、新潟県内の各地に支店を構えています。

同じ新潟県のハウスメーカーと比較すると、ディテールホームは県内での対応範囲が広いですね!

事務員

今回は、新潟の家づくりに強いディテールホームの主な特徴から、家づくりのメリット・注意点などを詳しくご紹介します。実際にディテールホームで家を建てた方からの口コミも併せて掲載していますので、新潟県での家づくりを検討している方はぜひ参考にしてください。

ディテールホームとは?

ディテールホームのWEBサイトの画像

 

会社名
坂井建設株式会社
本社所在地
新潟県長岡市栃尾町丙455-3
創立
1948年(昭和23年)
資本金 2,000万
代表者 坂井 重栄

まずはじめに、ディテールホームの主な特徴や、坪単価について解説します。

ディテールホームの特徴

ディテールホームは、普通の家ではつまらないと感じる依頼主の要望に応えるべく、個性をデザインに反映させた家づくりを心がけているハウスメーカーです。

浜崎編集長

個性を反映といっても、とても奇抜で個性的なデザインというわけではなく、あくまで長期での居住を視野に入れたデザインを追求しています。

依頼主が理想とする「個性」を最大限取り入れながら、家事動線や収納提案など、快適な生活のうえで重視されるポイントにもこだわりを持ち、家づくりを行っています。優れたデザイン性だけではなく、年間130棟の豊富な建築実績や、施工現場の質を高める意識など、家づくりを任せるうえでの「信頼性」にしっかりと配慮されているのも特徴です。

また、ディテールホームは家づくりにおいて重要視される耐震性や耐久性、断熱性や省エネ性などの性能面に対して徹底したこだわりを持っています。

MEMO
さまざまな角度で高性能な家づくりを意識しているディテールホームは、家づくりに妥協をしたくない依頼主の要望をすべて叶えられるハウスメーカーと言えるでしょう。

ディテールホームの坪単価・平均単価

ディテールホームでは、明確な坪単価の表記はないものの、建築実例などから導き出される平均的な坪単価は、約30〜40万円となっています。

いわゆるローコスト住宅と言われるハウスメーカーの平均坪単価は一般的に40万円台なので、ディテールホームの坪単価は安価といえますね。

事務員

ディテールホームはコスト管理を徹底していることでも評判のハウスメーカーであるため、無理のない予算で高品質な家づくりを実現できます。

ディテールホームの評判・口コミ

ディテールホームの主な特徴、坪単価がわかったところで、実際にディテールホームの家づくりを体験した方から寄せられた評判・口コミをご紹介します。

一生に一度の買い物と思うと、やはり妥協はしたくないと考えていました。とはいうものの金銭的なこと狭い土地のこと考えなければいけない点が多くありました。そんな悩みを解決していただきほんとに選んでよかったなと思いました。

担当の方も耐震に対して基礎のことなど熱弁されていたのを覚えています。防音性に関しては、高いスライドドアを多用しているせいかどうしても上下に隙間ができるので部屋どうしの音は聞こえてしまいます。ただ家族で暮らす分には気にならないレベルかなと思います。

引用:チューモンズー

家づくりの悩みに親身になって寄り添ってくれたという点や、耐震性など家の性能面への満足の声が挙がっています。新潟県内に強いハウスメーカーということもあって、その土地ならではの不安に向き合っているのも嬉しいところです。

一方で、ディテールホームでの家づくりを断った、というこんな声も挙がっています。

事務員

ディテールホームさんと家づくりを進めていましたが、信用できないと感じたのでお断りしました。前回の打合せの変更点が反映されていなかったり、変更した見積りを明日にはLINEしますと自分で言ったのに何日も来なかったり、、、催促しても次の日とかに来ていました。

今回紹介しているこちらの口コミですが、家づくりそのものというよりは担当者の対応に不満を感じ、お断りをしたという内容です。いくら家づくりが高品質でも、担当の対応がきっかけで断ってしまうというのは非常に残念であり、もったいないと感じてしまいます。

ディテールホームで家を建てるメリット

ここまで触れた内容を踏まえたうえで、ディテールホームの家づくりに関するメリットをいくつか紹介しましょう。

ラインナップが豊富

ディテールホームでは、「毎日の暮らしに、それぞれの花を咲かせたい」というコンセプトの「LIFE BLOOM SERIES」から、3つのラインナップを展開しています。

浜崎編集長

日本一寒い北海道の寒さを基準とした気密性・断熱性を実現した「lotus」や、低価格かつ定額制での家づくりを実現した「viola」、耐震性やデザインなど、すべてが高水準の「wisteria」があります。

これら3つのラインナップは、すべてが完全自由設計での注文住宅です。お気に入りのラインナップを選んだうえで、さらにご自身の要望も追加できるため、理想とする家に出会いやすいというメリットがあります。

費用を安く抑えられる

先ほども触れたように、ディテールホームの家づくりは、坪単価30〜40万円と非常に安い価格で依頼できます。安心価格での提供はもちろん、ラインナップのひとつである「viola」では定額制が導入されているため、費用感が明確になり、予算設定がしやすいというメリットもあります。

MEMO
家づくりという大きな買い物の中で、最もネックになる費用の面に配慮されているというのは、ハウスメーカーを選ぶうえで非常に喜ばしいポイントです。

アフターサポートが充実

ディテールホームでは、引き渡し後の生活も安心して送れるよう、充実した保証やアフターサポートを備えているのが特徴です。業界最長レベルとも言われる「構造体30年保証」をはじめ、シロアリや瑕疵担保に関しても同じく30年の保証となっています。

浜崎編集長

ほかにも最長20年の地盤保証や、最長10年の長期住宅設備保証など、引き渡し後の「安心」をさまざまな保証でまかなっています。

家づくりの評判を公開している

ディテールホームのHPでは、実際に家を建てた方の実例をストーリー形式で掲載しています。これにより、家づくりのイメージがしやすくなり、より一層身近に感じられるでしょう。掲載されている家のデザインも非常に豊富なため、希望のデザインに近い実例を参考に家づくりのイメージを固めることも可能です。

家づくりのイメージを持ちやすいようモデルハウスや見学会を展開

ディテールホームでは家づくりの評判を公開しているだけでなく、モデルハウスや見学会を開催することで、より依頼主が家づくりのイメージを持ちやすくなるように配慮しています。身近に感じられる家づくりを心がけることで、上述したラインナップや費用面でのメリットがより輝くため、依頼主が家づくりへ持つ期待がより高まります。

延べ床面積とは?含まれない部分と調べ方、計算方法について

ディテールホームで家を建てる注意点

ディテールホームの家づくりにはメリットが豊富な反面、デメリットとも捉えれられる注意点もいくつか存在します。ここでは、主な3つをピックアップしてご紹介します。

新潟以外への対応が難しい

ディテールホームは、新潟県内の各地へ広い範囲で家づくりを提供していますが、新潟県以外には対応ができません。

注意
今回の内容をご覧になってディテールホームで家づくりをしたい!と思っても、新潟県での居住を前提にしていないとそもそも依頼自体ができないというデメリットが発生します。

デザインが個性的すぎると感じる場合も

奇抜ではないデザインを心がけつつも、依頼主の個性を活かすことに注力しているのがディテールホームの家づくりです。確かに個性的すぎるというわけではないものの、あくまでも無難なデザインを重視したいという方にとっては、ディテールホームでの家づくりは不向きでしょう。

悪い評判が多い

ディテールホームの公式HPで掲載されている情報は、家づくりに満足している方の声を中心に構成されています。公式HPから少し外に出て、ネット上に掲載されている評判を見てみると、担当の対応の悪さなどを中心に、どちらかというと悪い評判の方が目立ちます。

注意
ハウスメーカーを比較するうえで、ある程度マイナス面の情報も必要にはなりますが、あまり多すぎるとかえって不安になってしまいます。ディテールホームを検討する際はよく確認してください。

3,000万円控除とは?必要書類や相続時や空き家の注意点と併用できる特例について

まとめ

今回は、新潟県内の広い範囲で家づくりを展開するハウスメーカー、ディテールホームについて紹介しました。デザインへのこだわりを反映させた豊富なラインナップをはじめ、坪単価30〜40万円お低価格といった観点で、依頼主が満足できる家づくりを提案しています。

浜崎編集長

アフターサポートの充実や家づくりのイメージをよりわかりやすくする配慮など、不安要素となるポイントに関する対応をあらかじめ備えているというのも特徴であり、メリットです。

反面、新潟県以外への対応が難しい点や、人によってはデザインを受け入れられない点、悪い評判が多い点など、デメリットになるポイントもいくつかあります。今回の内容をご覧になり、ディテールホームでの家づくりに興味を持った方は、紹介したメリット・デメリットをふまえたうえで、本当に自身が求める家づくりにフィットするかをじっくり検討しましょう。

新潟県内での家づくりをお考えの方にとって、今回紹介したディテールホームについての詳細が少しでもお役に立てば幸いです。