日本ハウスHDの評判はやばい?最悪?口コミや坪単価まとめ

日本ハウスHD(ホールディングス)の評判・口コミ大調査

日本ハウスホールディングスのまとめ
  1. 日本ハウスHDは檜をふんだんに使用し、安全面に配慮した家づくりが特徴
  2. 太陽光発電が標準装備している
  3. 担当者からの連絡が遅いという声が一部ある
  4. 一社にはじめから絞るのではなく、いくつかの会社から見積もりをもらうことがおすすめです
  5. LIFULL HOME’S」さんなどハウスメーカーの比較サービスを利用すれば、限られた予算でも注文住宅が建てられる会社を紹介してくれる!

\条件にマッチした住宅メーカーが見つかる!/

 

>>>無料カタログをお取り寄せ<<<
 

マイホームを建てようと思い立ったときにどのハウスメーカーに頼めばいいのかが悩みどころですが、どこかおすすめのハウスメーカーなどありますか?

 

日本ハウスホールディングスはいかがですか? 最近社名変更しているけど歴史のある会社ですよ。

 

 

どんな特徴があるのかが知りたいですね。

 

マイホームは人生で最も大きな買い物のひとつ。快適で満足できる建物にするためにも、どのハウスメーカーを選ぶのかは重要課題です。ハウスメーカー選びは、最初から1社に絞らず、比較検討する意味でも、数社とやり取りして選ぶのがベターといえるでしょう。この記事では数あるハウスメーカーの中でも日本ハウスホールディングスについて、会社の内容や坪単価、メリットや注意点などを詳しく解説します。

日本ハウスHDはやばい?悪い評判・口コミ

日本ハウスHD(ホールディングス)の悪い評判・口コミ

SNSの発展により最近はユーザーから生の声をダイレクトに受け取ることができるようになりました。

ここからは日本ハウスホールディングスの実際の感想などについて調べてみました。まず初めに悪い評判に関してご紹介します。

日本ハウスホールディングスの悪い評判・口コミ
  • 修理の依頼をしたのに、連絡が遅い
  • 営業マンから連絡がこない
  • 施主の情報がネット上で見当たらない

修理の依頼をしたのに、連絡が遅い

建てた後のアフターサポートが良くないという口コミです。担当営業マンの裁量によるところが大きいようです。

営業マンから連絡がこない

どのような場面でも第一印象は非常に大切です。初回の印象が悪ければ、会社のイメージダウンに繋がってしまいますね。

施主の情報がネット上で見当たらない

ハウスメーカーは、ネットで情報収集を進めてから選ぶという方も多いでしょう。施主の情報が少ないと、評判が良くないのでは?と考えてしまう方も少なくありません。

最初から一社に絞り切らず、まずは複数のハウスメーカーから間取りや見積もりをもらって比較してみるとより理想に近いハウスメーカーが見つかることも。

一社ずつ問い合わせていると時間がかかりますが「LIFULL HOME’S」さんは一括で大手も地元工務店もまとめてカタログがもらえるのでおすすめです!

\条件にマッチした住宅メーカーが見つかる!/


>>>無料カタログをお取り寄せ<<<

日本ハウスHD(ホールディングス)の良い評判・口コミ

日本ハウスHDはやばい?良い評判・口コミ

 

実際に日本ハウスホールディングスに関わっている人たちの生の声はどのような声が多いのでしょうか?

 

 

twitterなどで日本ハウスホールディングスの評判を見てみましょう。

 

続いて日本ハウスホールディングスに対して良い印象の口コミをご紹介します。

日本ハウスホールディングスの良い評判・口コミ
  • 震度6強の地震でもあまり揺れを感じなかった
  • 希望と予算をすり合わせてくれた
  • 標準仕様のグレードが高い
  • お客様思いのハウスメーカー
  • お客様感謝祭にて乾杯!

震度6強の地震でもあまり揺れを感じなかった

震度6という強い地震にも耐えられることで、安全性への信頼がぐっと高まりますね。いずれくるであろう首都圏直下大地震の備えとして、日本ハウスホールディングスで家を建てるのも良いかもしれません。

希望と予算をすり合わせてくれた

こちらの方は、土地に関するネックがあったにもかかわらず希望にあった家づくりができたと言っています。人それぞれに異なる家づくりのニーズに寄り添い、希望を叶える家を建ててくれるハウスメーカーだと判断できますね!

標準仕様のグレードが高い

大手ではできないグレードの仕様を、標準で実現できることに満足している声です。日本ハウスホールディングスでは当たり前の檜も、他社では標準で利用できないことに驚く方もいるのではないでしょうか。

デザインが素敵

マイホーム購入に興味を持たれ、何気にハウスメーカーの外観や間取り資料を見て、日本ハウスホールディングスの住まいに興味をもたれたようです。デザイン性の高さがうかがえますね。

お客様思いのハウスメーカー

日本ハウスで仕事もなさっている人のツイートのようです。よりお客様の満足度を高めるために、仕事はきついようですがお客様に対する姿勢など客観的に良い会社だと感じていますね。

お客様感謝祭にて乾杯!

お客様に感謝の意を表す感謝祭に参加されている感想です。非常に楽しまれているのが分かりますね。

日本ハウスHD(ホールディングス)とは

日本ハウスホールディングスのWEBサイト

商号 株式会社日本ハウスホールディングス
所在地 千代田区飯田橋四丁目3番8号 日本ハウスHD飯田橋ビル
免許 建設業許可 国土交通大臣(特-1)
第4959号宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第9137号
資本金 38億7,337万円
設立年月日 昭和44年2月13日
代表者 代表取締役会長 成田 和幸
公式サイト 日本ハウスホールディングス公式

テレビCMも放映されているのでご存知の方も多いかもしれません。株式会社日本ハウスホールディングスは元々東日本ハウスという社名でしたが2015年に社名変更し株式会社日本ハウスホールディングスになっています。創業から50年を超える歴史や実績を備えた老舗企業といったところでしょう。東証一部上場企業でもありますので経営状態への安心感や将来性にも期待が持てる企業です。

日本ハウスホールディングスには、家づくりに3つのこだわりを持っています。

家づくりの3つのこだわり
  1. 檜・耐震構造(丈夫で長持ち、耐震最高等級3)
  2. エネルギー(エネルギー自給自足)
  3. 安心・安全・快適(健康で快適に暮らす)

これらを3つのこだわりとしてユーザーに住まいを提供している会社です。

日本ハウスホールディングスの住宅性能

日本ハウスホールディングスで提供しているのは、脱炭素にこだわった檜の注文住宅です。檜の家は脱炭素だけでなく、エネルギーの自給自足ができる素材として注目されています。

また、耐震性や耐久性など、安全面に配慮した家づくりが実施されているのも特徴です。安全面だけでなく、断熱性や気密性など、快適さの観点に注目している点も見逃せません。

 

近年注目されているZEH基準であることも、日本ハウスホールディングスが誇る住宅性能のひとつといえるでしょう。

 

 

このように日本ハウスホールディングスの提供する住宅は、あらゆる視点でのこだわりや満足を意識していることがわかりますね!

 

日本ハウスホールディングスの商品ラインナップ

日本ハウスホールディングスで展開されている主な商品ラインナップは、以下の通りです。ラインナップごとの特徴も簡単に触れているので、ぜひ参考にしてください。

商品名 商品の特徴
檜の家
(館・極・輝・雅)
・環境に配慮した脱炭素住宅
・断熱性・気密性にも特化
・4種類それぞれ柱の太さが異なる
 (館・極が4寸、輝・雅が3.5寸)
悠華
(平屋)
・デザイン性にこだわった平屋
・近代和風のデザインを取り入れている
・風通しや採光に加え、檜の香りを追加
Jステージ
(木造提案住宅)
・ライフスタイルに応じて間取りの変更が可能
・太陽光発電に特化した「J-SUNSHINE」
・断熱性・気密性に優れた「J-WARM」
・タイルの高級感にこだわった「J-CERAMIC」
グランジェス
・セカンドライフにおすすめのラインナップ
・多世帯住宅にも最適
・賃貸住宅としても建築可能

日本ハウスホールディングスの坪単価

 

正直あまり名前を聞いたことがないと思っていましたが、社名変更しているんですね。昭和44年設立ということは、非常に歴史があるので住まいのノウハウも備えているのではないかといった安心感があります。

 

 

特に最高級の建築素材といわれる檜を採用し、檜にこだわった住まいをつくっていますね。

 

 

でも檜を使っていると建築費が高そうですよね。坪単価などを知りたいです。

 

マイホーム購入で最も気になる点が建築費用です。一般的には他のハウスメーカーとの値段を比較するさい、坪単価で価格が高いのか安いのかを比較します。坪単価とは価格から建築面積を割って、1坪当たりの単価を算出し、ハウスメーカーごとの坪単価で比較する指標です。2019年に発表された住宅産業新聞社の記事を基に、大手ハウスメーカーの坪単価をまとめました。

ハウスメーカー 平均販売価格 平均床面積 坪単価
ミサワホーム 2,900万円 120㎡(36.3坪) 79.8万円
大和ハウス工業 4,000万円 137.5㎡(41.5坪) 96.3万円
住友林業 3,900万円 127㎡(38.4坪) 101万円
パナソニックホームズ 3,200万円 124㎡(37.5坪) 85.3万円
ヤマダホームズ 2,100万円 127㎡(38.4坪) 54.6万円
セキスイハイム 3,100万円 119㎡(36坪) 86.1万円

これらの坪単価に対し日本ハウスホールディングスの住まいにおける坪単価は60万円前後です。しかし商品によって異なります。例えば最高級の檜素材を利用した「やまとシリーズ」では坪単価70万円前後と、日本ハウスホールディングスの商品の中でも高級なラインアップです。しかし「J-ステージ」は檜を使用しつつもコストを抑えており坪単価50万円から60万円と比較的リーズナブルな商品を提供しています。

日本ハウスホールディングスで提供しているラインナップごとの坪単価も以下にまとめています。

商品名 坪単価
檜の家(館・極・輝・雅) 60〜80万円
悠華(平屋) 60〜80万円
Jステージ(木造提案住宅) 50〜60万円
グランジェス 60〜70万円

日本ハウスホールディングスは、30坪などあまり広くはない土地に関しても建築可能です。また外壁タイルを希望する場合は特別仕様として高級感あふれるタイルを何種類も取り揃えていてユーザーのさまざまな要望に応えることができる体制が整っていますね。希望する坪単価に合わせた商品を選択することが可能です。

日本ハウスHDで提案される家づくりの流れ

日本ハウスホールディングスでは、家づくりの流れを以下のように掲示しています。

STEP.1
予算を設定したうえで情報収集を進める
STEP.2
土地がない場合は土地探しから
STEP.3
間取り設計・見積もり算出
STEP.4
プラン・見積もりの依頼
STEP.5
ローンの仮審査
STEP.6
工事契約の締結
STEP.7
ローンの本審査
STEP.8
着工
STEP.9
完成
STEP.10
引き渡し

時期や建築内容など、さまざまな要素で変動することも多いので、あくまで目安として捉えておきましょう。

日本ハウスホールディングスの対応可能エリア

日本ハウスホールディングスは、全国各地に店舗・モデルハウスを構えているハウスメーカーです。そのため、エリアでの縛りがありません。

いわゆる地域密着型とは異なるため、エリアが原因でサービスを受けられないということはないでしょう。こだわりの檜が使用された家を、エリアを気にせず建てられるのは非常に大きな魅力ですね。

 

 

 

 

日本ハウスHDで家を建てるメリット

日本ハウスHD(ホールディングス)で家を建てるメリット

 

全体的には好意的な意見が多かったですよね。とても日本ハウスホールディングスの住まいに興味を持ったんですけど、日本ハウスホールディングスで家を建てるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

ここからは日本ハウスホールディングスで家を建てるメリットについてスポットを当ててみましょう。

標準仕様がすでにレベルが高い

ハウスメーカーによっては標準仕様だけでは設備が物足りなく、オプション設備の追加が必要なことあります。標準仕様の坪単価は安くてもオプションの追加が多くて結局高くなってしまったといった声も聞こえます。しかし日本ハウスホールディングスは標準仕様のレベルが非常に高いのが特徴です。例を挙げてみると太陽光発電が標準装備になっています。

またシステム収納など一般的にはオプション設備となっているものが標準設備として備えられている点も特徴です。結果オプションの設置が必要ではないことが多いので建築費が想定に近く、お得感を感じることでしょう。

営業マンは議事録を必ず取っている

マイホーム建築に信頼のおけるハウスメーカーを選ぶことは必須事項です。しかし、せっかく希望通りの住まいを提供してくれるハウスメーカーを見つけても、担当する営業マンによっては大きなトラブルになってしまうこともあります。最悪の場合ハウスメーカーを変更してしまうかもしれません。それだけ担当営業マンの仕事に対する姿勢は大きなポイントになります。

日本ハウスホールディングスの営業マンは打ち合わせなどにおいて必ず議事録を取っています。そして打ち合わせが終わると必ず、お客様に議事録を渡し打ち合わせ内容の確認やトラブル防止を徹底しているのです。

 

「言った」、「言ってない」のトラブルは良く起こりがちなので事前に防ぐ対策を行っている日本ハウスホールディングスの営業マンは非常に優秀な人が多いといえるでしょう。

 

地震や湿気に強い木材を使用している

最も大きなセールスポイントといえるのが檜にこだわりを持って使用している点でしょう。檜は建築素材としては最高級の材質だといわれています。日本最古の木造建築と言われている法隆寺には檜が使用されており1000年を越えてもなお維持されていますので、いかに檜が建築素材として適しているのかが分かるでしょう。

しかし最高の素材であるため費用が高くなってしまいがちなのが檜の利用を遮ってしまう最も大きな理由です。日本ハウスホールディングスではほとんどの商品で檜を使用しています。檜は耐久性に特に優れており耐震性が最高等級3の住まいも提供できる点がポイントです。

MEMO
また湿気にも強いので、さらなる耐久性アップにも期待が持てる素材を使用しているといえるでしょう。

太陽光発電システムでエネルギーの節約も可能

あまり知られていませんが日本ハウスホールディングスは日本で初めて太陽光発電システムを開発したハウスメーカーとして知られています。前述しましたが標準設備で太陽光発電システムを装備していますので、エネルギーの節約が可能です。前日した日本ハウスホールディングスの住まい造りにおける2つ目のこだわりである、エネルギー自給自足を太陽光発電システムによって実践しています。

アフター保証と定期点検が充実している

マイホームを建てたあとアフターサービスが充実しているかどうかもハウスメーカー選びの大きなポイントといえるでしょう。日本ハウスホールディングスはアフター保証や定期点検が非常に充実している点もメリットとして挙げられます。下記の表は定期点検の周期を表しています。

日本ハウスホールディングスの定期点検の周期
日本ハウスホールディングスHPより引用

日本ハウスホールディングスでは定期訪問を感謝訪問と銘打って周期に応じて定期点検を行い、補修箇所や交換箇所などを知らせてくれます。一般の人には分からない修繕箇所を早めにチェックすることは、建物の長寿化に繋がるといえるでしょう。60年にわたり巡回訪問を行うのでユーザーにとっては非常に安心のプランですね。また保証制度も60年にわたり行われます。下の表を見てみましょう。

日本ハウスホールディングスの60年保証システム
日本ハウスホールディングスHPより引用

10年ごとに有料メンテナンスをする条件付きながら10年ごとにメンテナンスを行うと60年間にわたる保証を受けることができます。数あるハウスメーカーの中でも60年にわたる点検や保証システムがあるのは、ほとんど目にしません。

MEMO
長期間の保証や点検も大きなメリットとして挙げられます。

日本ハウスHDで家を建てる注意点

日本ハウスHD(ホールディングス)で家を建てる注意点

 

メリットを見てみると、実際の坪単価が極端に安いわけではないけど、標準設備が充実している点や、耐久性に優れている点など、余計な出費が抑えられるイメージがありますね。

 

 

そうですね。高品質の住まいを、手ごろな価格で提供しているといっていいのではないでしょうか?

 

 

メリットはわかりましたので、注意点も知りたいですね。

 

ここからは日本ハウスホールディングスで家を建てるときの注意点について解説します。

仮契約の段階で申込金100万円が必要になる

マイホームを建築する際に最初に支払いが発生するのは仮契約の段階です。ここで申込金としてハウスメーカーにお金を支払います。通常10万円から数十万円程度支払い本契約→着工へと進みます。しかし日本ハウスホールディングスに依頼する場合、仮契約の時点で申込金が100万円必要です。まだ融資もおりていない段階なので自己資金から捻出しなければいけません。

注意
初めの時点で他のハウスメーカーよりも費用を早く支出しなければいけない点は注意点といえるでしょう。

家ができるまで同じ担当者がつくので相性が悪いと揉める

日本ハウスホールディングスでは最初に担当した営業マンが引き渡しまでずっと変わりません。信頼できる営業マンだと、ずっと担当してくれるので安心感は非常に高いのですが、相性が悪いと、うまくマイホーム建築が進まない可能性もあります。マイホーム購入は一生に何度とあることがない大きな買い物です。どうしても相性が合わない信頼ができないと思った営業マンは担当者の変更をお願いするなどの対策が必要といえるでしょう。

日本ハウスHDで家を建てるメリット・注意点 まとめ

日本ハウスHD(ホールディングス)で家を建てるメリット・注意点まとめ

日本ハウスホールディングスでマイホームを建てる場合のメリットや注意点について解説してきましたが、メリットと注意点を表にまとめました

メリット 注意点
標準仕様がすでにレベルが高い 仮契約の段階で申込金100万円が必要
営業マンは議事録を必ず取っている 家ができるまで同じ担当者がつくので相性が悪いと揉める
地震や湿気に強い木材を使用している  
太陽光発電システムでエネルギーの節約も可能  
アフター保証と定期点検が充実している  

このように表にまとめてみるとメリットの多さが分かります。注意点もあるので十分に理解しながら選択しなければいけませんが、申込金の100万円は余分にかかるわけではありません。また営業マンの相性の悪さも必ずその営業マンでなくとも担当変更を申し出れば解消する問題です。つまり今回挙げられた注意点は十分解消できる注意点だといえます。

ユーザーがどの部分に重きを置くのかによっては大きく意見が違ってくる場合もありますが、基本的には日本ハウスホールディングスで家を建築する場合はメリットの方が多いといえるでしょう。

日本ハウスホールディングスが「やばい」と言われる理由は?

日本ハウスHD(ホールディングス)がやばいと言われる理由は?

ネット検索では「日本ハウスホールディングス やばい」というキーワードが目に入ります。なぜなのでしょうか。その理由は、ここまで触れてきた良くない口コミや、注意点に基づいているといえるでしょう。

また日本ハウスホールディングスでは過去に、売上の過大計上が発覚しています。この「不祥事」ともいわれるできごとを指し、やばいというキーワードが出てきているのかもしれません。

担当者の相性など、対策を打ちようがないものもあります。しかし、なぜ「やばい」といわれるかを知っておくことで、それに対する不安をあらかじめ伝えることが可能です。

MEMO
完全に懸念が解消されなくても、建築中の苦情や建築後の後悔に関するリスクは多少軽減するでしょう。

 

日本ハウスホールディングスが「やばい」と言われるのは、ここまで触れてきた口コミや注意点が理由なのですね。

 

 

はい。また過去の不祥事が関係しているともいえますね。あくまで情報のひとつなので、影響されないようにしたいものです!

 

日本ハウスHDで家を建てた方が良い人の特徴

日本ハウスHD(ホールディングス)で家を建てた方が良い人の特徴

 

表にまとめられるとメリットと注意点が比較できて分かりやすいですね。

 

 

メリットだけではなく注意点もよく理解しておかないとあとで後悔することにも繋がりかねませんからね。

 
 

結局、どんな人が日本ハウスホールディングスでマイホームを建てた方が良いのでしょうか?

 

ここまで日本ハウスホールディングスについて色々と解説してきました。では、どのような人が日本ハウスホールディングスで建築したらいいのでしょうか?

日本ハウスHDで建築するのが良い人
  • オプション設備で余計や費用を負担したくない人
  • 耐久性の高い家を求めている人
  • メンテナンスや保証がしっかりしているハウスメーカーを求めている人

このような住まいを求めている人は日本ハウスホールディグスで家を建てるメリットにしっかりと合致しています。非常に満足感のある住まいができるのではないでしょうか。

まとめ

日本ハウスホールディングスのまとめ
  1. 日本ハウスHDは檜をふんだんに使用し、安全面に配慮した家づくりが特徴
  2. 太陽光発電が標準装備している
  3. 担当者からの連絡が遅いという声が一部ある
  4. 一社にはじめから絞るのではなく、いくつかの会社から見積もりをもらうことがおすすめです
  5. LIFULL HOME’S」さんなどハウスメーカーの比較サービスを利用すれば、限られた予算でも注文住宅が建てられる会社を紹介してくれる!

\条件にマッチした住宅メーカーが見つかる!/

 

>>>無料カタログをお取り寄せ<<<

日本ハウスホールディングスは2015年に社名が変わっているので、あまり浸透していないかもしれませんが昭和44年に創業した老舗企業です。檜をふんだんに利用した住まいは耐久性に富み、耐震最高等級3の住まいも提供しています。

太陽光発電が標準装備になっていますので、檜の耐久性と太陽光発電での経済性が両立できるので、コスト面でも安心の住まいといえるでしょう。2014年には東証一部に上場している安定企業でメンテナンスや保証制度の充実なども大きなメリットといえます。

以下にこの記事をまとめましたので参考になさってください。

 

関連記事
【徹底比較】注文住宅ランキングTOP20
評判・口コミ
飯田産業 一条工務店
オープンハウス スウェーデンハウス
住友林業 住友不動産
セキスイハイム 積水ハウス
大和ハウス タマホーム
トヨタホーム 日本ハウスHD
パナソニックホームズ 桧家住宅
ヘーベルハウス ポラテック
ミサワホーム 三井ホーム
三菱地所ホーム ヤマダホームズ