ステーツの評判・口コミって実際どう?50人の本音とメリット・注意点について

この記事のざっくりとしたポイント

  1. ステーツはデザイン・住み心地・価格に重点を置くハウスメーカー
  2. 規格型と自由設計の2種類がある
  3. 担当者の対応にばらつきがある

今回紹介するのは、新潟県に本社を構えるハウスメーカー「ステーツ」です。

浜崎編集長

価格やデザインなど、さまざまな角度で家づくりの「理想」と向き合っているのがステーツです。

今回は、ステーツが提供している家づくりについて、価格・メリット・注意点を紹介するとともに、口コミなども併せてご紹介します。家づくりについて悩んでいる新潟在住の方にとって、今回の内容が参考になれば幸いです。

ステーツとは?

ステーツのWEBサイトの画像

運営会社名
株式会社ステーツ
本社所在地
新潟県新潟市江南区東早通1-1-40
創立 平成4年4月
資本金 1000万円
代表者 石川幸夫
従業員数 115人

引用:ステーツ

ここでは、ステーツの家づくりの主な特徴や、坪単価などについて詳しく解説します。

ステーツの特徴

ステーツは、家づくりのテーマとして「ちょっといい家 ちょうどいい家」を掲げているハウスメーカーです。

デザイン・住み心地・価格といった、家づくりに関して気になるポイントでもある3つをテーマとして掲げており、家づくりの悩みが発生する前から依頼主に寄り添ってくれるハウスメーカーです。

ステーツで建てる新築の家はおしゃれですね!値段もそれほど高くなく、それぞれのライフスタイルに合わせた家を実現してくれそう。

事務員

浜崎編集長

施工実績も約3,000棟と豊富なため、ハウスメーカーを選ぶ基準がよくわからないという方でも安心してお任せできるでしょう。

ステーツの坪単価・平均単価

気になる家づくりに発生する費用ですが、ステーツでは明確な坪単価の表記はなく、ローコスト住宅会社ではないとHPにも記載があります。しかし、ステーツでは「自由設計30坪・1,380万円〜」や「50坪タイプ2,168万円〜」など、非常に安い価格で家づくりを行っているという記載がありました。

MEMO
ローコスト住宅ではないにしろ、一般的なハウスメーカーと比べると費用面では融通が利く可能性が高いので、担当者に相談してみることをおすすめします。

ステーツの評判・口コミ

それでは、実際にステーツで家を建てた方から寄せられた評判や口コミをご紹介します。

ステーツの家はおすすめです。色々と注文をしましたが、全て納得のいく提案をしてくれました。他のハウスメーカーも相談してみましたが、ステーツほど施主の立場で家づくりを進めてくれるところはありませんでした。私の知人もステーツで家を建てましたが、価格も家も大満足しています。

予算オーバーしそうな時は、できるだけイメージを崩さないように工夫をしてくれてとても助かりました。コストもデザインも諦めない方法を、親身になって私たちに寄り添いながら考えてくれたので、とても頼もしかったです。

引用:幸せおうち計画

うちに関して言えば、金額以上の建物、広さで、大満足してます。アフターメンテナンスですが、会社としての決まりの点検はありますが、それよりも頻繁に営業のかたも、現場監督の一級建築士さんもよく連絡もくださいますし、私からも相談しやすいです。

引用:おうちパレット

価格に関する満足や、依頼主に寄り添った対応に関して満足の声が寄せられていました。

MEMO
良い評判が多いステーツですが、中にはこんな意見もありました。

初めは対応にも満足でしたが家も建って担当も替わった辺りから不満が続出しました。紹介キャンペーンで注文した品がいつまでも届かなく諦め。○○年点検などの点検は来るがその後の対応なし。※入居後半年未満で外のタイル剥がれて無料修理になるとの事でしたが1年経っても工事なし!連絡なし。他にも色々あったが上記のことを伝えても音沙汰なしです。

営業の方が、友達感覚っぽく話してきて、礼儀のなさを感じました。営業やコーディネーターの方は、ガツガツ押し付けることもなく、人は良かったが、勉強不足で頼りなかった。こちらからお願いをすれば動いてくれますが、提案はあまりなかったです。自分たちの理想が曖昧で、提案が欲しい方には不向きかもしれません。

引用:幸せおうち計画

家づくりそのものに関する不満は少ないものの、担当者の対応や態度に対して疑問を持った方が多かった印象です。いくらいい家を建てても、家づくりの時間をともに過ごす担当者の対応が悪いと、結果的に満足にはつながりません。

3,000万円控除とは?必要書類や相続時や空き家の注意点と併用できる特例について

ステーツで家を建てるメリット

ステーツがどのようなハウスメーカーなのかわかってきたところで、続けてステーツで家づくりをするメリットをいくつかご紹介します。

規格型と自由設計を選べる

ステーツで建てる家のラインナップは、規格型と自由設計の2種類があり、それぞれに特徴があります。

浜崎編集長

規格型は、これまでの実績をベースにしたステーツならではの設計を規格化しているため、家づくりにかかる時間や費用を抑えられるのがメリットです。モデルハウスをベースに建築することも多いため、失敗が少ないのもメリットと言えるでしょう。

対して自由設計型は、依頼主の要望に沿った家づくりを提案するプランですね![

事務員

自由と楽しさをテーマにした「BEING」や、二世帯住宅への対応も可能な「vivace」など、要望を反映しやすいラインナップを提案しています。依頼主のニーズに応じて家づくりの設計を提案できる点が、ステーツの特徴であり、メリットです。

土地・建売の情報も豊富

ステーツでは家づくりだけでなく、家のベースとなる土地や、購入のみで生活を始められる建売などの情報も豊富に掲載されています。価格・間取り・築年数といった、既存物件を購入するうえで気になる点も隈なく記載されているため、実際見た家とのギャップを感じることなく購入が可能です。

また、学区や最寄りの学校に関する情報の掲載もあるため、子どもとの新生活に向けて家づくりをしたい方のニーズにもしっかり応えられるようになっています。

性能面への妥協がない

家づくりにおいて重要視される、安心・安全といった視点でのこだわりが強いのもステーツの特徴であり、メリットです。ステーツで建てる家は、最大震度7の地震に遭っても倒壊しないほど、強く丈夫な構造となっています。また、湿気やシロアリといった、家にじわじわとダメージを与えていくものへの対策も万全です。

MEMO
ほかにも、快適な空気環境を実現するために換気・通気にもこだわっていることから、冒頭でも触れた「住み心地」への配慮が優れているということがわかります。

価格・資金面のフォロー体制が整っている

ステーツでは、おしゃれな家を安く提供できるよう、ちょうどいい価格での家づくりを行っています。の背景には徹底したコストカットがあります。主な内容としては以下の通りです。

・直販制度の導入

・営業経費のカット

・作業に遅れが出ない配慮のうえで人員数を削減

・安定購入と大量仕入れによる資材のコストカット

・最適化された工程の提案

・職人の稼働率を100%に

これらを実施することで、なんと最大50%ほどのコスト削減が実現可能です。

アフターサービスが充実

家を建てた後のアフターサービスもしっかり備わっています。2年・5年・10年ごとの無料点検をはじめ、有料で最長20年間ものメンテナンス保証を付帯できます。引き渡し後の生活にも安心を与えられるよう配慮されているため、世代を越えた生活の実現も可能です。

ステーツで家を建てる注意点

ステーツでの家づくりを検討するうえで、メリットと同様に把握しておくべき注意点もいくつかあります。ここでは、デメリットともなりうるステーツの家づくりに関する注意点について解説します。

担当の対応が悪い場合がある

ステーツに対する口コミにもあったように、担当者によっては依頼主に不満を感じる場合があります。

事前にどんな担当者が良いかという話をしたとして、それが100%叶うかというと難しいポイントですが、事前に「こういったことはしないように」と伝えておくだけで効果があるかもしれないため、家づくりを決定する前に不安要素は消去しておきましょう。

デザインに関するこだわりを反映しにくい

ステーツで提案している規格型住宅は、ある程度のこだわりは反映できるものの、強いこだわりの反映が難しい場合があります。

浜崎編集長

規格型はあらかじめできている規格に沿った家づくりを行うため、間取りや設備、デザインに関する変更の融通が利きません。また、選んだ土地によってはそもそも規格に沿ったものを建てられない可能性も出てきます。

そうなればあとは自由設計型を、と思っても、今度は予算が高くなってしまうため、決断に迷ってしまいます。ラインナップは選べるものの、どちらもデメリットがあるというのがステーツのネックになるポイントです。

売買の仲介手数料無料のからくり。購入・売却時の落とし穴とデメリット

ステーツをおススメできる人・できない人の特徴

ここまで、ステーツの家づくりに関する特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説しました。

今回紹介した内容がハウスメーカー選びにおいて重要視されるポイントだと感じた方は、ハウスメーカーの候補にステーツを加えることをおススメします。

ステーツは新潟県の建築に強いハウスメーカーであるため、新潟在住、もしくは新潟での家づくりを検討している方にもおススメですね!

事務員

浜崎編集長

しかし、デメリットになる点がどうしても受け入れられないという場合は、ステーツの利用を検討し直した方が良いでしょう。

シロアリ予防とは?駆除との違いや必要性から必要な時期、自分でできる予防法について

まとめ

今回は、新潟県に本社を構えるハウスメーカー、ステーツの家づくりについて紹介しました。選べるラインナップや家づくりを低価格で実現できる点など、メリットとなるポイントが豊富なハウスメーカーです。

デメリットとなるポイントもいくつかありますが、安さ・性能といった面で不安になることはほとんどないと言えるでしょう。新潟県での家づくりを検討している方は、今回の内容を参考にステーツの家づくりと触れ合ってみてはいかがでしょうか。