オクトハウジングの評判・口コミって実際どう?50人の本音とメリット・注意点について

この記事のざっくりとしたポイント

  1. オクトハウジングはアメリカンハウスを主に展開している
  2. 家づくりのスタイルが豊富
  3. 口コミの数が少なく評判がわかりにくい

今回紹介するのは、仙台を中心に家づくりを展開するハウスメーカー「オクトハウジング」です。

浜崎編集長

オクトハウジングが展開する家づくりの特徴から、実際に寄せられた評判の声、オクトハウジングで家を建てるメリットや注意点について詳しくご紹介します。

オクトハウジングとは?

オクトハウジングのWEBサイトの画像

会社名
オクトハウジング株式会社
本社所在地
宮城県仙台市青葉区芋沢字的場1番地の10
設立年月日 2015年1月
資本金 10,000,000円
代表者 菊池 仁

引用:オクトハウジング

ここでは、オクトハウジングの家づくりについて、主な特徴や坪単価といった観点から紐解いていきます。

オクトハウジングの特徴

オクトハウジングは、宮城県仙台市を中心に家づくりを展開するハウスメーカーです。思わず自慢したくなるようなかっこいいアメリカンハウスの建築を主に展開しており、世界に1棟だけのオリジナルハウスが手に入れたいという方にぴったりです。

MEMO
依頼主それぞれが家づくりに求めるニーズに向き合った家づくりを行っているため、週末の過ごし方や家そのものの精度など、さまざまな角度での「理想」となるスタイルを叶えるために家づくりを提供しているハウスメーカーです。

オクトハウジングの坪単価・平均単価

家づくりにおいて最も気になるポイントであり、ネックになりうるポイントである坪単価ですが、オクトハウジングでは明確な坪単価の表記はありません。

浜崎編集長

しかし、建築実例などを見てみると、坪単価60〜80万円・建築費用1,650万円〜と、いわゆるローコストにも該当する価格で家づくりを提案していることがわかります。

実例を見るに、比較的費用面での融通も利くと判断できるため、できるだけ低予算で家づくりをしたい方にもおススメできるハウスメーカーです。

オクトハウジングの評判・口コミ

ここでは、オクトハウジングで実際に家を建てた方から寄せられた評判・口コミをいくつかご紹介します。オクトハウジングでの家づくりを検討している方はぜひ参考にしてください。

打ち合わせの中でも、予算を考慮しつつ、私たちの希望を叶えられるよう、様々な提案をしていくださりとても感謝しています。たくさん悩んで大変だなと思うことも多かったですが、オクトハウジングさんのアットホームな雰囲気や、スタッフの皆さんの優しさに救われ、家づくりをお願いして本当に良かったです。

モデルハウスの帰り道、妻と2人で「オクトハウジングさんにお願いしたいね」とワクワクしながら話した事を今でも覚えています。 契約後も中々良い土地が見つからず菊池社長には、大変な思いもさせてしまいましたが、無事に土地が決まってからは、あっという間に家作りが進みました。

引用:オクトハウジング

こちらはオクトハウジングの公式サイトに寄せられた口コミです。家づくりそのものへはもちろん、資金の面や土地探しといった、家づくりの「土台」となる観点への高い満足の声が聞こえてきます。

浜崎編集長

少し範囲を広げてオクトハウジングに対する悪い評判・口コミも探してみましたが、これといって見当たらなかったところをみると、オクトハウジングが提供している家づくりがいかに満足度の高いものであるかということがわかります。

オクトハウジングで家を建てるメリット

ここまで紹介した主な特徴や口コミなどを踏まえ、オクトハウジングで家を建てるメリットについて解説します。

家づくりのスタイルが豊富

オクトハウジングでは、自分らしさをテーマにしたインダストリアル・アメリカンヴィンテージ・ブルックリン・カリフォルニアの、4つのスタイルを提案しています。

それぞれの特徴を以下にまとめました。

インダストリアル ・年月が経っているかのような重厚感

・家具にエイジング加工

・無機質な単管パイプ、エッジの効いたアイアンを使用

・全体的にトーンを抑え、輪郭をはっきりさせた家

アメリカンヴィンテージ ・木材の風合いによる時代を感じさせる

・家具や雑貨、配置する植物にまでこだわり

・全体的にヴィンテージな雰囲気

ブルックリン ・「インダストリアル」が持つ雰囲気に都会的かつカジュアルな素材を合わせた個性的なデザイン

・レンガやタイルなどをふんだんに使用

・まるで家全体がアート空間

カリフォルニア ・アメリカ西海岸風のデザイン

・自由とカジュアルを演出

・床や壁はヘリンボーン調

日本らしからぬアメリカンな雰囲気を愛してやまない方にとっては、どれも魅力的ですね。

4つのこだわり

オクトハウジングはデザインだけでなく、家づくりにおいて重要視される4つのポイントにも強いこだわりを持っています。

  1. 外壁やフロア材などのアイテムを、さまざまな素材から選べるようになっている
  2. 換気システムや空調、スマートキーの導入など、設備に関するこだわり。
  3. 地震に備えたツーバイフォー工法の導入や、火災保険が安くなる省令準耐火構造の実現
  4. 地盤調査や瑕疵保険、アフターフォローといった安心面での保証

オクトハウジングでは、これらをすべて「標準仕様」としています。

高気密・高断熱を実現

上述したこだわりに付随し、オクトハウジングでは気密性・断熱性にも強いこだわりを持っています。

オクトハウジングが家づくりを展開する仙台の冬は、寒さが厳しいことでも有名ですよね。

事務員

浜崎編集長

仙台の冬を乗り越えられるよう、断熱性の高い「オール樹脂サッシ」を使用した窓や、高い気密性を実現するために「ウレタンフォーム」での吹き付け断熱を取り入れています。

オクトハウジングの家は冬は暖かく、夏は涼しい温度を実現できるため、家の中での時間を快適に過ごせるというメリットがあります。

イベントを定期的に開催している

オクトハウジングでは、プランニングや住宅ローンなどの相談会をはじめ、家づくりをイメージしやすくなる見学会などのイベントを定期開催しています。ほかにも、Instagramを通じたキャンペーンなど、バラエティ豊かなイベントが開催されているため、家づくりを「楽しんで」行えるというほかにあまりないメリットがオクトハウジングにはあります。

MEMO
公式HPに各イベントの詳細が記載されているため、興味のある方はぜひご覧ください。

インフォメーションの充実により家づくりを身近に感じられる

上述したイベントに関する内容にも関連し、オクトハウジングではさまざまな情報をブログ形式で配信しています。これにより、イベントなどの情報を把握しやすいだけでなく、オクトハウジングの家づくりそのものをより身近に感じれるメリットがあります。

浜崎編集長

オクトハウジングで建てた家での生活が身近になるようなトピックスも多数掲載されているため、ぜひ一度ご覧ください。

坪単価とは?計算方法や相場、安くする方法についてわかりやすく解説

オクトハウジングで家を建てる注意点

オクトハウジングの家づくりには、メリットが豊富な反面デメリットとも言える注意点もいくつかあります。ここでは2点解説します。

口コミの数が少ない

先ほど、オクトハウジングの公式HPに掲載されていた口コミを紹介しましたが、それ以外の箇所での口コミ数が少ない印象です。公式HPと同様に良い評判はいくつか見受けられますが、情報として把握しておきたいマイナス面での口コミはほぼありませんでした。

浜崎編集長

あくまで中立的な目線を持ったうえで家づくりを検討したい方にとっては、口コミの少なさはデメリットと感じられるでしょう。

対応エリアが限られている

何度か触れているように、オクトハウジングは宮城県仙台市を中心に家づくりを展開しているため、そのほかの土地での家づくりは難しくなってしまいます。今回紹介した内容を見てオクトハウジングで家づくりをしたいと感じても、居住地を仙台にしないことには始まりません。

セキスイハイムと積水ハウスの違いを徹底比較!サービス内容や相場、歴史と資本関係、評判・口コミ

まとめ

今回は、宮城県仙台市を中心に幅広いデザインの輸入住宅を展開する、オクトハウジングというハウスメーカーについて紹介しました。オクトハウジングはデザインだけでなく、装備や安全、快適といった角度でのさまざまなこだわりや、家づくりを身近に感じられる工夫などを行っています。

ただし、口コミの少なさや対応範囲の狭さなど、注意点もいくつかあることも忘れてはいけません今回の内容が、仙台での家づくりを検討している皆さんのハウスメーカー選びの参考になれば幸いです。